非定型発達(発達障がい)

個性が強い(非定型発達)方は大多数の人が持つ思考、知覚等とは違うことが多く、一般社会では生きづらさを抱えていることが少なくありません。本人は一般的な人よりも生きづらさの程度が大きいことには気づかず「みんなこんなもんだろう」と過ごしていますが、ストレスの蓄積が限界に達し、うつ病などの精神疾患を患ってしまうことがあります。

非定型発達のご本人・家族や周囲が、その特徴を理解できないまま一般社会へ適応しようと努力した結果、二次的な疾患であるメンタルの不調が起きてしまい、最終的には健やかな社会生活を送ることが困難になること少なくありません。そうなる前にご自身や対象者の特性を理解し、その人らしい最高の人生を歩んでいけるよう、セカンドホームのスタッフは対象者を総体的に継続的に支援していきます。

発達に特徴のある小児に関しては、医師、看護師、保育士、教育関連、各種専門家の様々な視点からのアドバイスを総体的に踏まえ、お子さま本人の持つ可能性を引き出しサポートしていきます。お子さまとその保護者さまの体調やメンタルケア、療育の提案、作業療法などを他職種と連携をとりながら行っていきます。

非定型発達(発達障がい)は社会に出てからその特性が顕著に表れることも多く、対人関係で躓いたりして発覚することも少なくありません。それまで問題なく学業や人間関係をこなしてきた方であっても、社会人生活や対人関係での困難から不調が生じたり、疲れてしまい休職に至ってしまうことがあります。結果として働きたいのに働けない、理由がわからずに精神の不調が続いている、自信を失ってしまって長く社会生活が困難になってしまう場合もあります。悩みや問題が大きくなってしまう前に、いち早く自分の特性をよく知り対処することでより良い人生にすることができると考えています。

どこに相談したら良いのかわからずにお悩みの方、医療や療育をいれる必要があるのか判断に自信のない方、自分は受診すべきなのか、これからどうしていけばいいのかなど、どんな内容でもお気軽にご相談下さい。早期介入は母児だけでなく家族の健やかな成長や発展に大きく影響します。セカンドホームは医療福祉関連、教育関連の専門職と連携して対象者のより良い一生をサポートしていきます。

※保険適応の訪問看護導入時には医師からの精神科訪問看護指示書が必要になります。ご相談ください。

乳幼児期不安(保護者)

  • 乳幼児健診で遅れを指摘された
  • 言葉が出るのが遅くて心配
  • 他の子どもと比べてしまって不安が強い
  • お子様の特性によって育てづらさを感じている

不安が強かったり精神的に疲れを感じてしまったご家族さまを定期的に訪問してサポートいたします。

幼児期

子どもに落ち着きがない、こだわりが強い、行動が一般的ではないといった理由で育てづらさが顕著にあらわれている場合でも、ご家族の自己判断でサポートを受けられず無理を重ねてしまうケースがあります。

このようなお子さんは早期介入により、数年間の療育で卒業されるケースも多いのですが、導入に躊躇してしまう場合もあります。しかし成長してから、より対応が難しくなり困難に陥ってしまうことも少なくありません。

医療・福祉・療育・教育と、子どもに合わせたサポートによってお子様の未来を大きく変えられることもたくさんあります。

また保護者の方がお子さまに対して不安やイライラがつのり、不本意なから暴力に至ってしまうケースもあります。個性の強い子どもを無理やり躾けたり、学業を強く押し付けるのは逆効果な場合が多いのです。

学童期~

どのような人生を歩むことがその人にとっての幸せであるかをよく考えることが重要です。

お子さんが親亡き後も健やかに幸せに生きていくためには、学童期以降の自立に向けた支援が必要になります。セカンドホームは将来の自立にむけた心身の健康の支援をしていきます。

対象者(お子さん)には何が必要か、対象者に合った質の良い方法を取り入れることで未来が大きく変わるケースもたくさんあります。

成人期以降

対象者にとっての幸せは何かを考え、特性を考慮しながら目標を達成することができるように、心身の健康サポートを継続的に行っていきます。

ひとりで自己の特性をとらえることは容易ではなく、過信しすぎたり過小評価しすぎることも少なくはありません。

継続サポートすることで、対象者が様々なライフイベントで生じる心身の変化や不調にも気付け、いち早く助言し健やかな人生を支援します。

まずは相談・解決可能かどうか
お気軽にお問合せ下さい。